http://www.nozomikaikei.net
(117,447 - 9 - 27) TOP|  お知らせ|  日程表|  業務内容|  会社概要|  リンク|  ダウンロード

お客様中心の職場作り心得

1、会社の経営は粗利益が大本である。その粗利益は、お客様のお金をもらったときしか出ない。すべての経営はお客様からはじまる。経営の本質はお客様を作ったり維持することにある。
2.粗利益を多くするには、ますお得意様を多くし、次のそのお得意様から他社より多くの注文をいただく、優先お得意様を多くすることが不可欠。
3、商品を買うかどうか、サービスを受けるかどうかの決定権はお客様が100%持っていて売る側、サービスを行う側はゼロ。今までのお客様が他社に移っても、何一つ文句はいえない。
4.お客様を多くするには、お客様にご不便をかけないことが第一になる。会社をお客様の目線で総点検し、不便をおかけしている所があればすぐに改善せよ。お客様は言い訳など聞いてくれない。
5.電話は、お客様を良く知っている人が取るのが原則。ニブイ人やお客様を良く知らない新人に電話を取らせるな。
6,社長や担当者が不在の時に電話があり、お客様の方から再度電話をすると言われても必ずメモを残すこと。
  お客様は用もないのに電話はしない。
7.報・連・相は、社内よりお客様に対して始めよ。お客様からの注文、予約、問い合わせ等が入ったら確認の連絡、  お礼をFAXで伝えよ。お客様から注文、予約、お問い合わせを頂く以上の仕事は社内にはない。
8.経営で一番難しく、一番経費がいるものはお客様を作る仕事。とにかくお客様を作ることほど難しい仕事は
  ない。お客様作りが難しいので経営が難しくなっているのだ。
9.中小企業は、もともとお客様が少ない。お金のかからない経営改善を本気で実践し、業績向上にしっかりと取り組め。
10.お客様が思っている以上の何かをしたり、お客様の役に立つことをどこよりも熱心に実行し、お客様から好かれて気に入られることで、地域N0.1を目指せ。この仕事が自分の人間を作り、人格を磨くことになる。

※〜ランチェスター経営 竹田陽一先生「お客中心の職場作り13ヵ条」より抜粋〜

個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2017 nozomikaikei.net All Rights Reserved.